男性は相手の反応や雰囲気に応じたメリハリをつけて空気を読んだ対応をするとモテます。

モテたい人は必見!モテる男性がしているアプローチ方法

MENU

モテる男の特徴

 

モテる男は、イケメン、長身、運動神経が良い、経済力があるなどスペックにあたる部分以外にも特徴があります。
スペックだけを見られるのであれば、プロフィールが強い男だけ出会い系で活躍できます。
しかし、高スペックでも出会ってから発展できない人はたくさんいますし、プロフィールに特別な強みがなくてもデートアポを取るのは、そんなに難しいことではありません。
これは、女目線で男は会ってみないと分からないと思っているからです。

 

 

男女の違いを理解すればモテる男の条件が見えてくる

 

男が出会い系で、プロフィールや写真が完璧な好みでなくても、まずは会ってみようと思うのは以下の理由によるものです。

 

  • 写真と現物の違いをチェック
  • 話題が合うかなどフィーリングを確認
  • 相手からどれくらいの好意を持たれているかの確認

 

女性に楽しく話す男性

写真との違いや話題が合うかは男女共通です。女子も相手から気に入られているのか雰囲気から感じ取ることはしますが、それでも警戒心を解きません。
たとえば、実際に会ってみてルックスは合格点。会話もそこそこ普通にできた。その中で女子が好意を持ってアプローチしてきたらどうでしょう?
大半の男はそのまま関係を発展させます。
さらに、ルックスや性格が今ひとつでも女子からアプローチされれば、もう1回会ってみようとか、キープ、遊び用などを理由に簡単に切ろうとしません。
対照的に女子は、事前で見たプロフィールなどのスペック(経済力なども含む)、ルックス、性格で好感されていても、ガツガツ行き過ぎるとひかれてしまうことがあります。
女は男と違って欲望を全開に表現するのを嫌がりますし、ガツガツしている男を見ると猿のように幼稚に見られて幻滅されたり、遊ばれるかもしれないと警戒されるものです。

 

奥手にならずにイヤらしさを出さずにアプローチすることが出会い系で成功するコツで、空気を読んだり適度に男のオオカミの部分を濁せる男はモテます。
アプローチの極意を身につけていけば、トークやデートのエスコート、メッセージのやり取りなどで好意を持たれるテクニックも簡単に習得できます。

 

 

嫌がられないアプローチのコツ

 

  • 相手の反応や雰囲気に応じたメリハリをつけられる(空気を読める)
  • 相手の好意を感じられたら適度にジラせる
  • 真剣に口説こうとしているときでも相手の反応や表情ひとつで和やかな雰囲気に変えられる
  • 保険をかけたような口説き方ばかりせず、行く時はストレートに行ける
  • 気持ち、態度、表情に余裕を持っている(エッチなことを考えて鼻を伸ばしたり、ボディラインをジロジロみないなど)

 

一番重要なのは、雰囲気に応じたメリハリをつけて空気や先の展開を読んだ対応をすることです。
簡単にまとめると、ケースバイケースで上手に立ち回りする能力が必要で、文章だけで簡単にノウハウを伝えられません。
一つ言えるのは経験値が重要で、好みでない女子が来ても、こういうことをすればどういう反応が返ってくるかなど、女心の研究対象として、口説くテクニックを磨く向上心を持って接することが大切です。
社交辞令による対応を鵜呑みにせず、相手の思惑や好意の有無を正しく識別できる能力を身につけて、女の反応が良い言動は何なのか実践を通じて検証し、テクニックの引き出しを増やすことができれば、容姿に関係なくモテるようになります。

 

初デートで男性はどんな服装にすれば良いのか